受験勉強の仕方

7月も気付いたら、半月経ってしまったんですね。

早い…

やばい…早くレポートやらないと…

研究のデータ収集が始まってしまう…

これを書いたら、今日は1個、レポート終わらせようと思います。


今日は、大学院に入る前の勉強の仕方について書こうと思います。

大学に入る前は、いろいろ予備校とか充実しているのに、大学院に入る前って、先輩が居ないとなかなか情報が入って来なかったり、勉強の仕方が分からないってことないですか?

私はまさにそのタイプ。

独学では限界があるし、テキストといっても、どっから手をつけていいのか分からない。

…持ってるのは、学生時代の参考書がほとんど(笑)

だって、臨床に出てしまうと、テキストって改めて買うことってないですよね?

雑誌とか、より実践に近い情報が欲しいですし。

しかも、大学院の入試って英語がある…

いや…ない所もあるんですけど、うちの大学院はあったんです…。


えいご…

English…

英語…!?


ない所もあると前に書きましたが、看護系の大学院はあるところがほとんどのようです。

なぜならば、大学院に入ってから、英語の論文を読まなくてはならなくなることがあるからなんです。

まぁ、課題で英語が出されることがあっても、それをこなせる能力があるかどうかを試験しているってことですよね。

それにしても困った…

だって私、英語なんて大学で滅茶苦茶、苦手だったのに…



…ということで、私が受験勉強として選んだ手段は通信制の予備校

首都圏では通信制じゃなくて、通学という手段もあるかもしれませんが、私は働きながらの勉強だったし、首都圏でもなかったので。

調べてみると、看護系大学院の予備校っていくつかあるんです。

それだけ需要があるってことだし、ハードルも高いんでしょうけど

私は東京看護医療教育学院を選びました。

理由はいくつかありますが、通信制を開講していたことと、実績がきちんとあったから。

決してお安くない料金ですが、私は受講してよかったなと思っています。

無料のサンプルなども私のときはもらえたような…

いきなり始めるのはちょっと…と不安がある方は資料請求してみるといいかも知れません。

何はともあれ、社会人にとって、受験勉強は時間との勝負ですからね。

いかに効率よく勉強できるかだと思います。



でも、入学してから同級生の人たちに話を聞いてみると、2~3か月前から勉強開始したとか、

さほど勉強しなかったとか(笑)

一番は自分の能力を見極めて、いい勉強方法を見つけることかも知れません(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック